» 2024年最新!夏期講習キャンペーンまとめ

中1から塾は必要か?週何回がベスト?【塾代と費用を解説】

  • 中学生は塾に行くべきか?
  • 中学1年生から塾は必要か?
  • 中学1年生におすすめの塾は?

こういった疑問に答えます。

中学生になると、部活や習い事が忙しくなる一方で、「定期テスト対策」「内申点対策」をしなくてはいけません。本格的に英語学習も始まるため、小学校時代よりも日々の勉強習慣が大切になってきます。クラスの友達がだんだん学習塾に通い始めるため、親としては「うちの子もそろそろ通塾させるべきかも…」と悩んじゃいますよね。

ただ、学習塾の必要性を感じつつも「部活との両立ができるか?」「安くない授業料を払うだけの価値上がるのか?」がわからずに、塾に通わせるか迷ってしまいます。

そこで本記事では、中学1年生の学習塾事情を徹底解説します。

中学1年生の保護者はぜひ参考にしてください。

中学生向けの塾5選
  • そら塾
    偏差値50以上を目指す/とにかく安い
  • 坪田塾
    偏差値50を目指す/ビリギャルが映画化
  • 森塾
    偏差値55以上を目指す/関東で生徒数No.1
  • メガスタ
    偏差値60〜70を目指す/全額返金保証あり
  • 個別教室のトライ
    教室数(直営)全国No.1の個別指導塾

中1から塾は必要か?

中1から塾は必要か?

結論から言うと、中学1年生から塾に行くべきです。中2・中3はもちろん、中1でも塾をフル活用しないと高校入試で苦労しちゃうかも…。

授業料を払ってでも中学1年生から通塾すべき理由は3つあります。

学校以外での「勉強習慣」を身につけるべきだから

中1から塾に通うべき理由1つ目は、「コツコツ勉強する習慣」を当たり前にするためです。

中学生になると部活や習い事が忙しくて、自宅に帰ってきてから自主的に勉強しなくなりがちです。予習/復習はもちろんのこと、学校の宿題すらサボってしまう子もいるでしょう。現実問題として、自宅でコツコツ勉強を継続するのはむずかしいですよね。

だからこそ、中学1年生から塾に通って、「勉強せざるを得ない環境」を作ってあげることが大切なのです。どんなに疲れていてやる気が出ない時でも、高いお金を払って塾に通っているからには、「勉強しなきゃ!」と前向きに取り組んでくれるはず。塾でもサボっちゃう子がいるものの、「教科書やノートを開いて、机に向き合う」ことだけでも大きな一歩と言えます。

「コツコツ努力できるマジメな友達」と出会えるから

中1から塾に通うべき理由2つ目は、「優秀な友達」から「良い影響」を得られるためです。

「頭がいい子」「マジメな子」「教育熱心な家庭の子」は、中学1年生から学習塾に通っています。小学校や幼稚園の頃から、ずーっと通塾している子も多いでしょう。そんな、「優秀な子」と友達になれるチャンスが、塾にはあります。

「勉強意欲が高い子」「成績優秀な子」が友達に多いと、あなたのお子さんもポジティブな影響を受けるという研究データは数多く存在します。以下は、研究論文です。

▼「マジメな友達から好影響を受けるべき」

友人や仲間集団がどのような学業的な特徴を有しているかによって,児童・生徒の学業的な特徴は友人や仲間集団の特徴に類似した方向へと変化させる傾向があるといえる。
学業に関してポジティブな特徴を有する友人をもっている児童・生徒は,学業に対してポジティブな影響を受けるのに対し,ネガティブな特徴を有する友人をもっている児童・生徒は,ネガティブな影響を受けることが示されていた。このことは,どのような友人や仲間集団に所属するかによって,彼らとどのような相互作用が行われどのような態度や行動がサポートされるかが異なることを示唆している。
引用:児童・生徒の友人関係が学業達成に及ぼす影響(一部省略)

もちろん、偏差値を上げることだけが正義ではないでしょう。有名高校に進学できたとしても、かならずしも幸せになれる保証はありません。しかしながら、「勤勉で頭が良い子」に近づく努力ができる子に成長できれば、きっと明るい未来が待っています。

学校のクラスでは出会えない、”貴重な友達”を塾で作りましょう。

高野智弘
「教育熱心なママ友」を作ることもできます。子どもの将来に不安な方は、塾で「ママ友の輪」を広げてはいかがでしょうか?

高校入試のライバルが通塾しているから【通塾率:57.8%】

中1から塾に通うべき理由3つ目は、ライバルのほとんどが、すでに受験勉強に向けて頑張っているためです。

高校入試で志望校に合格できる子は、中学1年生の時点からコツコツ動き始めています。あなたの周りにも、部活と勉強を両立している子もいらっしゃるのではないでしょうか?

文部科学省が発表した「子供の学習費調査」によると、公立の中学1年生の通塾率:57.8%、私立の中学1年生の通塾率:51.6%とのこと。公立のほうが通塾率が高い理由は、「学校の補習などのフォローが少ない」「私立はエスカレーター式がある」からだと考えられます。

学習塾に通っている割合(中学1年生)
学習塾に通っている割合
公立中学生私立中学生
中学1年生57.8%51.6%
中学2年生69.2%53.4%
中学3年生84.0%56.7%

2年後の受験戦争でライバルになる同級生がすでに塾に通っているため、どんなに部活が忙しくても塾は必要だと言えるでしょう。

そもそも勉強のやる気がない子は、勉強しない中学生の末路5選を参考にしてください。きっと勉強意欲が高まるはずです。

中学1年生は塾に週何回行くべき?

中学1年生は塾に週何回行くべき?

塾に通う頻度は、週1〜2日ほどが良いと言えます。理由は、以下の通り。

  • 理由①:週2コマでも「勉強習慣の定着」と「苦手を作らない」を達成できるから
  • 理由②:中学1年生の通塾頻度は、週1〜2日ほどだから(研究データは後述)

文部科学省の調査によると、通塾している中学生のうち68.9%が週1〜2日の頻度で塾に通っているとのこと。また、ベネッセ教育総合研究所の調査によると、通塾している中学生のうち72.1%が週1〜2日の頻度で塾に通っているとのこと。平均通塾日数は週2.2日という結果が出ています。

中学生が学習塾に通う頻度 中学生が学習塾に通う頻度

経済的に厳しい場合は、週1コマでも十分効果を得られます。大切なことは、ちょっとの勉強時間でも良いので、継続することです。

中学1年生に必要な「勉強時間」は、以下の記事で解説しました。

中学1年生の塾代【トータル費用】

中学1年生の塾代【トータル費用】

中学1年生の通塾費用を解説します。

費用の内訳

学習塾でかかる費用は、主に4つあります。

  • 入塾金(入会金)
  • 授業料
  • テキスト代(教材費)
  • 特別講習費(夏期講習など)

中1の塾代

中学1年生の費用は、年間26万円ほどです。

「塾に通っている中学1年生の塾代」は、以下の通り。

中学1年生の塾代(通塾している人)
公立中学生私立中学生
中学1年生27.0万円24.6万円
中学2年生29.4万円34.0万円
中学3年生46.4万円38.7万円
平均35.6万円32.6万円

「通塾していない子」も母数に含めると、以下の表になります。

中学1年生の塾代(通塾していない人も含む)
公立中学生私立中学生
中学1年生156,032円126,795円
中学2年生203,859円181,436円
中学3年生389,861円219,276円

上記のデータがちょっとややこしいので、中学1年生の塾に費用をまとめると以下の通りです。

中1の塾代(年間平均)
  • 通塾している中1の塾代(公立):約27万円
  • 通塾している中1の塾代(私立):約25万円
  • 中1全体の塾代(公立):156,032円
  • 中1全体の塾代(私立):126,795円
高野智弘
中学1年生の4月〜3月まで塾に通うと、合計26万円ほどがかかる計算になります。

「自宅で使う教材費(通信教育など)」「家庭教師代」は含まれていないため、実際はさらに多くの学習費がかかると言えます。

学習塾ごとの料金を比較したい方は、以下の記事を参考にしてください。

【塾なし】中1が通塾しないデメリット

【塾なし】中1が通塾しないデメリット

中学1年生が通塾しないデメリットは、「勉強の量」が圧倒的に不足することです。

勉強習慣があまりない中学生にとって、自宅学習を毎日コツコツと継続するのはむずかしいものです。想像してみてください。あなたのお子さんが、部活や習い事からクタクタで帰ってきて、夜に勉強するでしょうか。ほとんどのお子さんが、最低限の勉強しかしないはず…。

一方で、塾に通うことで勉強に苦手意識がある子でも「勉強せざるを得ない」ため、必然的に勉強時間が増えますよね。

  • 中1から通塾している子:「勉強時間が多い」
  • 中1でも通塾していない子:「勉強時間少ない」

たとえ塾の授業であまり集中できていなかったとしても、勉強しないよりはマシです。日々のちょっとずつの「努力量」が、高校受験の合否を決めます。

部活や習い事でバタバタしている子ほど、週1でも良いので通塾すべきでしょう。

高野智弘
中学1年生の平均勉強時間は「1時間30分ほど」です。塾なしで毎日これほど勉強を継続するのはハードではないでしょうか。

»高校受験の平均勉強時間は?

失敗しない塾選びのポイント3つ

失敗しない塾選びのポイント3つ

中学1年生にとって塾は必要であるものの、塾選びで失敗すると「成績が上がらない」だけではなく、「子どものやる気が激減」するリスクもあります。確実に信頼できる塾を見つけるコツをご紹介します。

「個別指導塾」vs「集団塾」

ほとんどの中学1年生は、「個別指導塾」がおすすめです。

なぜなら、個別指導塾には「自習のやり方を教えてくれる」「適度な緊張感があるからサボれない」「苦手科目をしっかりフォローしてくれる」などの強烈なメリットがあるからです。やんちゃで年頃の中学1年生が集団塾に行くと、「友達とサボってしまう」「わからない問題があっても放置する」「勉強した気になって、定着していない」などのデメリットが考えられます。

集団塾だと「優秀な先生」から「ハイレベルな授業」を受けることができます。しかしながら、成績に直結するかは別問題です。超難関高を目指さないなら、個別指導塾がよいでしょう。

集団塾から個別に変えたら成績UP!【塾は個別と集団どちらがいいか?】で徹底解説しています。

絶対に3社を比較する

「こんなハズじゃなかったのに…」と、塾選びで後悔する方の共通点は、「3社を比較していない」ことが挙げられます。しっかりと比較検討をせずに、いきおいで入会するとほぼ間違いなく後悔しちゃいます。

塾選びで大切なのは、めんどくさくても3社の体験授業を受ける→各社のメリット・デメリットを冷静に比較検討することです。実際に3社の体験授業を受けないと、客観的に比べられません。

体験授業に行く価値がある「おすすめの学習塾」は後述しています。

最終判断は、子どもに任せる

ネットで評判を調べたり、実際に体験授業を受けたら、2〜3社に絞れると思います。金銭的な理由などで親主導で最終判断をしがちですが、子どもに決めてもらうべきです。

なぜなら、子ども自身が「ここに入会したい!」と決めることで、モチベーションアップにつながるからです。親に言われた塾に行くよりも、「自分で言ったからにはサボれないな」とちょっとした責任感も生まれるでしょう。

「親のせい」だと言い訳されないためにも、最後はお子さんの判断を信じてはいかがでしょうか?

中学生におすすめの学習塾5選

中学生におすすめの学習塾5選

高校入試予定の中学生におすすめできる学習塾は5つだけ。「塾が初めてで緊張しちゃう子」にこそ、以下がおすすめです。

「個別教室のトライ」:難関校の受験対策

1時間あたり約3,500円〜
1対1で徹底フォローしてほしい中学生なら
  • 教室数(直営)全国No.1の個別指導塾
  • 33万人の講師陣から、あなたの性格/成績にピッタリな人材を厳選
  • 教育AI賞受賞の最先端技術を活用したカリキュラム

※2024年6月時点/弊社調べ

難関高校・有名高校の合格に向けて、中1からライバルに差をつけておきたいなら、個別教室のトライがおすすめです。

個別指導塾では珍しい「完全マンツーマン授業(1対1)」の超オーダーメイド指導によって、圧倒的な合格実績を誇ります。2023年だけでも20,320名が高校入試に成功しているとのこと。

「個別教室のトライ」の夏期講習キャンペーン

  • 入会金11,000円→無料に!
  • ムダな教材費が一切かからない
  • 条件:専用サイトから7月31日までに申し込み

「坪田塾」:苦手科目をとことん克服

1時間あたり約1,500円〜
学習習慣を身につけたい中学生なら
  • 映画「ビリギャル」のモデルになった個別指導塾
  • 教育心理学にもとづく科学的なカリキュラム
  • 勉強嫌いな中学生も、自宅でコツコツ勉強する「自習力」が身につく

※2024年6月時点/弊社調べ

“自習力”を伸ばしたい・クラスで成績が下位で焦っているなら、坪田塾がおすすめです。

有村架純さんが主演を務めた映画「ビリギャル」で有名な個別指導塾。1時間1,512円〜と、授業料も圧倒的に安いことで人気急上昇しています。

「そら塾」:格安オンライン個別指導塾

1時間あたり約1,800円〜
とにかく格安で始めたい中学生なら
  • 「生徒数No.1」のオンライン個別指導塾
  • 業界トップクラスの指導実績10万人!(上場企業が運営)
  • 中学1〜2年:月額9,600円、中学3年:月額12,800円と超格安な料金設定(入塾金も免除!)

※2024年6月時点/弊社調べ

部活や習い事が忙しくて塾に通うヒマがないなら、そら塾がおすすめです。

全国どこからでも自宅にいながらオンライン授業を受けられるから、負担なく文武両道できるでしょう。学校の教科書に完全準拠しているため、定期テスト対策もバッチリです。

「そら塾」の特別キャンペーン

  • 4回分の授業が無料に!
  • 先生に質問できる「オンライン自習室」が無料で使い放題
  • 専用サイトから申し込み後に入塾すると、入塾金:11,000円→無料(全額免除)

「湘南ゼミナール」:首都圏でトップ校を目指す

1ヶ月あたり約15,600円~
「横浜翠嵐」を本気で目指すなら
  • 神奈川の公立中高一貫校受検に強い
  • 横浜翠嵐・御三家に特化したカリキュラム
  • 3教科で月額15,600円とコスパも良し

※2024年6月時点/弊社調べ

横浜翠嵐高校をはじめとする、神奈川県エリアの「トップ校」「公立中高一貫校」を目指すなら、湘南ゼミナールがおすすめです。

「難関国私立高受験指導」はもちろんのこと、中学1年から重視すべき「定期テスト対策」も完全網羅。他社と比べて授業料のコスパも良いので、本格的な塾が初めての子でも安心です。

「明光義塾」:相性ピッタリ&やさしい先生が見つかる

1時間あたり約2,500円〜
やさしい先生&質問しやすい環境なら
  • 教室数・生徒数No.1の個別指導塾
  • 高校・大学合格者数No.1と受験対策にも定評あり
  • 大手だから実現できた「家庭にやさしい料金設定」

※2024年6月時点/弊社調べ

「明光義塾」の夏のWキャンペーン

  • 90分×4回の授業無料!
  • 図書カード2,000円分をプレゼント
  • 条件:専用サイトからお問い合わせ後、7月31日までに入会

「中学生は塾に行くべきか?」←結論:中1から必要です

「中学生は塾に行くべきか?」←結論:中1から必要です

子どもの将来を考えるなら、中学1年生は塾に週1〜2日は通うべきと解説してきました。

高校入試に向けて、すでに多くのライバル(同級生)が塾をメインとした勉強に取り組んでいます。そんな文武両道な友達を作るためにも、今から学習塾を活用しましょう。

この記事を見ている時点で、あなたは塾の必要性を感じているはず。

高校入試直前になってから焦らないためにも、早め早めに対策しましょう。