» 夏期講習キャンペーン一覧(無料あり)

高2の夏から受験勉強は遅い?国公立&難関大学は間に合う?

  • 高2から受験勉強は間に合う?
  • 国公立や難関大学の勉強時間は?
  • 高2から勉強すれば難関大学に合格できる?

こういった疑問に答えます。

高校2年生の夏休み前になると友達が目の色を変えるから、かなり焦っちゃいます。友達の影響もあり、ワンランク上の難関大学/国公立大学を目指す子も多いでしょう。ただ、高2から受験勉強をはじめても間に合うのか心配ですよね…。

高2の夏休み前から受験勉強し始めても間に合うなら、具体的にどれくらい勉強に費やすべきなのかも気になるところ。

そこで本記事では、「高2から受験勉強するのは遅いのか?」を徹底解説します。

部活やバイトで忙しいけど、逆転合格したい子は必見です。

高2の夏から受験勉強は遅い?国公立&難関大学は間に合う?

高2の夏から受験勉強は遅い?国公立&難関大学は間に合う?

高校2年生の夏に受験勉強を始めても、難関大学/国公立大学に合格できる可能性はそこそこ高いです。

ただし、偏差値60〜75の難関大学を目指している子の多くは、高校1年生からコツコツ勉強しており、かなりの遅れを取っている”厳しい現実”も受け入れましょう。高校2年生の勉強時間で後述しているとおり、難関大学に現役合格した子の3年間の総勉強時間は「4,111時間」です。

したがって、高2の6月から受験勉強を始めるなら、「平日:2時間以上」「休日:4時間以上」は勉強時間を確保する必要があります。最低でもこれくらい勉強しないと、高3の夏に赤本(過去問)で演習できなくなってしまいます。

部活やアルバイトで忙しかったり、自宅だとサボっちゃいそうなら、【高2】夏期講習おすすめ5選【夏休みの過ごし方/勉強時間】をうまく活用してはいかがでしょうか?学習塾に通塾すれば、「勉強せざるを得ない状況」に身を置けます。

高野智弘
ごくふつうの高校に通っている子でも、高校2年生から本気モードになれば「難関大学/国公立の合格」「E判定からの逆転合格」「偏差値10以上のアップ」は実現可能です。国公立や難関私立を目指す場合は、大学受験対策に強い学習塾に今すぐ入りましょう。ライバルはすでに動いています。

これだけは注意!

「国公立/難関私立」「合格圏まで偏差値10以上」「模試でD判定/E判定」なら、高2の夏になる前から全力ダッシュしないと間に合わなくなります。旧帝大や早慶上理を目指す子はもちろん、GMARCHや関関同立を狙う子ですら高1からコツコツ勉強しています。「あなたは出遅れている」という自覚を持ちながら、今から挽回しましょう!

※補足
旧帝大(旧帝国大学):東京大学、京都大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、大阪大学、九州大学のこと
キャンペーン実施中の学習塾一覧
夏期講習キャンペーン開催中
条件:7月31日までに申込み
教室数(直営)全国No.1
  • 入会金11,000円→無料
  • 集中しやすい自習スペースを完備
  • 指導実績120万人&難関校の受験対策OK
夏のWキャンペーン開催中
条件:7月31日までに入会
高校受験・大学受験 合格者数No.1
  • 90分×4回の授業料が無料!
  • 家計にやさしい料金設定
  • 教室数・生徒数No.1の個別指導塾
夏期講習キャンペーン開催中
条件:7月24日までにお問い合わせ
全額返金保証
  • 授業5回分が無料に!
    さらに入塾金20,000円→無料(全額免除)
  • 個別指導塾(直営)関東エリア生徒数No.1
  • 先生1人/生徒2人までの授業スタイル
夏期講習キャンペーン開催中
条件:無料体験授業に参加
月額5,400円〜
  • 授業5回分が無料に!
    さらに入塾金11,000円→無料(全額免除)
  • 「生徒数No.1」のオンライン個別指導塾
  • 業界トップクラスの指導実績10万人

高2の理想的な勉強時間

高2の理想的な勉強時間

高校2年生の平均勉強時間は約93.3分です。「偏差値」および「時期」ごとの理想的な勉強時間をご紹介します。

高野智弘
「勉強時間」と「学力」は相関関係にあります。ワンランク上の大学に合格するためにも、ライバルを「量」で凌駕しましょう。
高校2年生の学習時間(学校の偏差値別)

4月〜6月(+春休み)

▼理想的な勉強時間(標準レベル)

  • 平日:1.5時間以上
  • 休日:2時間以上
  • 春休み:2時間以上

▼理想的な勉強時間(難関私大/国公立)

  • 平日:2時間以上
  • 休日:3時間以上
  • 春休み:3時間以上

2年生になると部活がさらにハードになったり、アルバイトを始める子も増えるでしょう。限られたスキマ時間にどれくらい勉強時間を確保できるかで、大学受験の成否が決まります。

7月〜8月(+夏休み)

▼理想的な勉強時間(標準レベル)

  • 平日:2時間以上
  • 休日:3時間以上
  • 夏休み:4時間以上

▼理想的な勉強時間(難関私大/国公立)

  • 平日:2時間以上
  • 休日:4時間以上
  • 夏休み:5時間以上

部活やバイトを両立している高校2年生が、平日にたっぷり勉強するのは非現実的かもしれません。平日に時間を取れないなら、土日や夏休みに勉強時間を確保しましょう。

高野智弘
勉強時間を確実に増やすには「塾の自習室」を活用しまくるのがおすすめです。授業がない日でも自習室に通うことで、勉強意欲が高い子から刺激をもらえます。「勉強せざるを得ない状況」に自分を追い込みつつ、今のうちに受験勉強を始めましょう。
「自習室」が人気な学習塾6選

9月〜11月

▼理想的な勉強時間(標準レベル)

  • 平日:2時間以上
  • 休日:3時間以上

▼理想的な勉強時間(難関私大/国公立)

  • 平日:2時間以上
  • 休日:4時間以上

12月〜3月(+冬休み)

▼理想的な勉強時間(標準レベル)

  • 平日:2時間以上
  • 休日:4時間以上
  • 冬休み:4時間以上

▼理想的な勉強時間(難関私大/国公立)

  • 平日:3時間以上
  • 休日:5時間以上
  • 冬休み:5時間以上

上記はあくまでも目安なので、部活やアルバイトがない日に「ガッツリ勉強する時間」を確保するのもアリです。

※当アンケートの「難関大学」は、国立大学(東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京工業大学、一橋大学、神戸大学)、私立大学(早稲田大学、慶應義塾大学)を指します。

高2の受験勉強は何から始めるべき?

高2の受験勉強は何から始めるべき?

結論から言うと、「志望校を決める」→「模試で現状把握」→「参考書1冊を3周以上解いて完璧に理解する」の順番がおすすめです。高2生が夏休みに優先的にやるべき勉強法は、大学受験の基礎固めのやり方で解説しました。

まずは、「基礎固め」から始めましょう。英単語・英文法に不安がある場合は、英語が最優先です。

赤本(過去問)を解くタイミングは、高校3年生の夏休みでOKです。高2のうちは「基礎固め」「苦手克服」する必要があります。

ただ、勉強法は人によって好みが分かれるため、受験のプロの力を借りるのが賢い方法と言えます。「志望校合格までの学習スケジュール」を塾の先生と一緒に計画するのがベストでしょう。

高野智弘
「大学受験までにやるべきこと」を独学で情報収集するよりも、塾の「受験のプロ」に直接マンツーマンで教えてもらうほうが最短ルートです。ムダな失敗を避けるためにも、お金をかけてでも週1以上は通塾しましょう。

志望校合格から逆算した「最強の参考書」は、以下の記事で解説しました。

まだ遅くない!高校2年生から受験勉強を始めよう

まだ遅くない!高校2年生から受験勉強を始めよう

高校2年生から受験勉強を始めても、難関大学/国公立大学に合格するチャンスが大いにあると解説してきました。

ただ、誰もが知っている有名大学を志望している子は「高校1年生」の段階で、毎日コツコツ勉強し始めています。ライバルに勝つためには、「勉強量」で勝負する必要があります。

高2の6月から勉強し始めるなら「平日:2時間」「休日:3〜4時間」が勉強時間の目安です。

受験シーズン直前になって後悔しないためにも、学習塾や予備校を活用しつつ、今すぐ勉強を始めましょう。

難関大学合格におすすめの塾