» 2024年最新!夏期講習キャンペーンまとめ

【一発逆転】中3の夏休みに勉強してない…【最強の勉強法】

  • 中3の夏休みに勉強してないけど大丈夫?
  • 中3の夏休みにすべき勉強時間はどれくらい?
  • 8月9月から成績を大きく上げる方法はある?

こういった疑問に答えます。

高校受験を控えているのに、中学3年生の夏休みに勉強していないと焦ってしまいます。やる気はあるし、必要性は感じているのに、机に座ると集中力が続かない…。親としても心配ですよね。

このまま二学期→冬休み→…を迎えると、まともな高校に合格できません。「もっと早く勉強すればよかった…」と入試直前に後悔するのは絶対に避けたいところ。今から逆転できる裏技があるなら試してみたいですよね。

そこで本記事では、中学3年生の8月9月から「やる気&成績を上げる方法」を徹底解説します。

受験勉強を本格スタートしてなくて焦っている中3生と保護者は必見です。手遅れになりたくないなら絶対に見てください。

中3の夏休みに勉強してない…。もう手遅れ?

中3の夏休みに勉強してない…。もう手遅れ?

結論から言うと、中学3年生の夏休みなのにほとんど勉強していないなら「大ピンチ」だけど、まだギリギリ間に合うでしょう。

中3の夏休みまでに67.9%が本格的に受験勉強をスタートしています。「ライバルに遅れをとっている」のは疑いようもない事実です。

高校受験の勉強を始めた時期は?
高野智弘
一般入試では「学力調査(筆記試験)」+「内申点(調査書)」の2つで合否が決まります。ほとんどの高校では中1〜中2の成績も内申点の対象になるため、内申点を一気に挽回するのは難しいかもしれません。一方で、学力調査は8月・9月からでも努力次第でライバルに逆転できます。

「勉強習慣がない」「やる気はあるけど集中できない」と落ち込んでいる子でも、奇跡の逆転を果たすためには「努力」は必須です。ラクして成績アップする方法はありません。

具体的にやるべきことは、中3の夏休みに勉強してない子向けの、最強の勉強法3選で後述しました。「今から何をやればいいのか?」を知りたい方は必見です。

これだけは注意!

「手遅れではない」とはいえ、「今すぐ本気にならないと不合格確実」な追い詰められた状況です。偏差値が低い高校なら勉強時間ゼロでも入学できますが、将来のことを考えても絶対におすすめできません。この記事でお伝えする「勉強法」を実践して、今から逆転しましょう!

中学3年生の夏休みの平均勉強時間は?

中学3年生の夏休みの平均勉強時間は?

高校受験予定の中3生が「夏休み」&「二学期」にやるべき勉強時間の目安を解説します。

「夏休み」&「休日」:8時間以上

夏休み期間と二学期以降の休日は、1日あたり8時間がノルマです。偏差値60以上の高校を目指すなら、1日10時間近くは必須でしょう。

今まで勉強してこなかった子にとって、「1日8時間も勉強するなんてムリ…」と感じるかもしれません。たしかに、自宅でもくもくと勉強し続けるのはハードルが高いです。

だからこそ、勉強時間を増やすために「学習塾」を活用するべきだと解説しました。「勉強せざるを得ない環境」を作り上げることが、勉強時間を増やす最短ルートです。

1教科1時間以上を目安にしてください。特定の教科(好きな教科など)ばかりを勉強するのは効率的ではありません。どちらかと言えば、「苦手な教科」を中心に勉強しましょう。

「1日8時間」を達成するためのスケジュール案は、以下の通りです。早寝早起きの生活リズムは厳守。

1日のスケジュール(夏休み/休日)
  • 6:00~7:00 起床・朝食
  • 8:00~10:00 【勉強】
  • 10:00〜10:30 休憩
  • 10:30~12:00 【勉強】
  • 12:00~13:00 昼食
  • 13:00~15:00 【勉強】
  • 15:00~15:30 休憩/仮眠
  • 15:30~18:00 【勉強】
  • 18:00~22:00 夕食・自由時間
  • 22:00〜 就寝

「平日(二学期)」:3時間以上

二学期以降の平日は、1日あたり3時間がノルマです。偏差値60以上の高校を目指すなら、1日4時間近くは必須でしょう。

一学期までと違って部活がないので、勉強だけに集中できるはずです。友達や同級生も目の色が変わって、すでに本気モード。「勉強しなきゃ本当にやばい」と感じるムードになっています。

学校後に勉強するのはもちろん、「登校前」「休み時間」「移動中」などのスキマ時間も有効活用しながら勉強しましょう。「ちょっとしたヒマがあったら単語帳を開く習慣」を身につけると、チリも積もれば山となる状態に。

高野智弘
学校終わりに友達と勉強するのは絶対にやめましょう。気持ちはわかりますが、おしゃべりばかり&集中できなくて勉強効率が悪すぎるからです。学校が終わったら、1人で塾の自習室に向かうのがおすすめです。

「1日4時間」を達成するためのスケジュール案は、以下の通りです。学校が終わったら「図書館」or「自習室」に向かう習慣を身につけられたら怖いものはありません。

1日のスケジュール(二学期以降の平日)
  • 6:00~7:00 起床・朝食
  • 7:00~7:30 【勉強】
  • 7:30〜17:00 登校・授業・下校
  • 17:00~19:00 【勉強】
  • 19:00~20:00 【塾】
  • 20:00~20:30 【勉強】
  • 23:00~22:00 夕食・自由時間
  • 22:00〜 就寝

中3の夏休みに勉強してない子向けの、最強の勉強法3選

中3の夏休みに勉強してない子向けの、最強の勉強法3選

「ぜんぜん勉強していない子」が夏休み後半(8月9月)から、一発逆転するための勉強法を解説します。ラクして成績を上げる裏技は存在しないものの、「ほぼ確実に成績アップできる方法」はあります。

コツ①:まずは「学校の宿題」を完璧にする

「夏休みに出された宿題/課題」がまだ終わっていない場合は、最優先で終わらせましょう。

学校の宿題 > 受験勉強

受験勉強よりも宿題を重要視すべき理由は、「高校受験の合格率を上げる1番カンタンな方法」だからです。

高校入試の一般入試では「内申点」と「学力検査(筆記試験)」で合否が決まります。学力検査で高得点を取れれば良いですが、現実は甘くありませんよね。一方で、内申点(通知表の評価)を上げるのは努力でなんとかなります。少なくとも「提出物」を完璧に仕上げるのは誰でもできるでしょう。

もちろん志望校合格には「受験勉強」も必須です。どんなに内申点が高くても、学力検査の結果が良くなければ合格はできません。

ただ、「夏休みまで全然勉強していなかった子」が手っ取り早くできる高校受験対策が「宿題」などの提出物を100%に仕上げることなのです。

夏休みの宿題はもちろん、二学期以降も「宿題/課題」などの提出物は全力で取り組みましょう。頑張っている姿が先生に伝われば、内申点もきっと良くなるはずです。

コツ②:「問題演習」→「解き直し」を繰り返す

スピード感重視で成績アップを目指すなら、「問題を解きまくる」ことが大切です。たくさん勉強しても成績が伸び悩む子は「暗記」「読む」ばかりをしています。

  • 成績が伸びやすい:「問題演習」をたくさんする
  • 成績が伸びにくい:「基礎」「暗記」を完璧にする→問題演習をやる

ただし、問題をたくさん解けば成績が上がるわけではありません。「間違った問題」「正解したけどあいまいだった問題」を徹底的に解き直すことが最重要なのです。「解き直し」のメリットは、成績が上がる!中学生の勉強方法で解説しました。

教科書を読んで完璧に理解するまで問題を解かないと、いつまでたっても問題集に突入できません。限られた時間の中で「得点力」を高めるためには、問題を解きながら理解/暗記することが欠かせません。

高野智弘
最低限の基礎を固めたら、さっそく問題を解きましょう。最初は「ほぼ不正解」だと思いますが、問題ありません。しっかりと解き直すことで、自然と理解できるようになります。

»実力テストがやばいときの解決策とは?

コツ③:勉強時間を増やすために「学習塾」を活用する

中学3年の夏休みまであまり勉強してこなかった子にとって、「1日8時間」も勉強することは現実的ではないかもしれません。睡眠や食事、学校以外の時間を「ほぼ勉強」に費やすのは、慣れるまで時間がかかりますよね。

だからこそ、今すぐ学習塾に通うべきなのです。塾に通うことで、以下のメリットを得られます。

今から塾に通うメリット
  • 「塾に通っている」ことで、不安を一気に解消できる
  • 「自分に合った正しい勉強法」を先生に教えてもらえる
  • 「志望校の合格」から逆算した、スケジュール管理をしてもらえる
  • 友達やライバルと切磋琢磨できるので、モチベーションが高まる
  • 「勉強せざるを得ない環境」に身を置くことで、勉強時間が格段に増える

正直なところ、中3の夏から一気に偏差値を上げるには、塾は欠かせません。塾なしで高校受験する割合は16%と言われるように、高校入試のライバルは夏期講習をフル活用しているのです。

学習塾の「授業」にも価値がありますが、それ以上に「自習室」を使える点も忘れてはいけません。「家だとなかなか勉強ができない…」とお悩みの子は、自習室を使いまくりましょう。

»中学生におすすめの個別指導塾5選

そろそろ本気を出さないと、一生後悔します

そろそろ本気を出さないと、一生後悔します

中3の夏休みに勉強してないなら、今すぐに行動しましょう。1分1秒が合否を決定づけます。

もし今まで通りにダラダラしていると、以下の状況が待ち構えているかも…。

  • 高校進学後に、もっと早く勉強していればと後悔する
  • 本当に行きたかった志望校に努力不足が原因で不合格に
  • 中3の冬になってから本気モードになっても、すでに手遅れに
  • 夏休み明けに友達との「成績の差」に落ち込み、やる気を失う

勉強できない子は人生終わりではないものの、偏差値が低い高校に行くことで「将来に苦労するリスク」が高まるのは間違いありません。

ただ、安心してください。

この記事で解説した最強の勉強法3選を実践できさえすれば、今から逆転できます。今日、この瞬間から気持ちを切り替えて、本気モードに突入してはいかがでしょうか。

まずは、塾選びからはじめましょう。(夏期講習キャンペーンを使えるかも!)