» 夏期講習キャンペーン一覧(無料あり)

夏期講習は意味ない?受験に必要か?【中学生と高校生向け】

  • 夏期講習は意味ないの?
  • 高校受験/大学受験に必要か?
  • 受験対策に強いおすすめの夏期講習は?

こういった疑問に答えます。

中学生や高校生にとって、夏休みに突入すると夏期講習が頭をちらつきますよね。学年が上がるにつれて友達の通塾率が劇的に高まるため、「自分もそろそろ勉強しなきゃ」と焦っちゃいますよね。

ただ、夏期講習に通うだけで本当に偏差値やテストの点数が上がるのか半信半疑の方もいらっしゃるでしょう。むしろ、「夏期講習は意味がなさそう…」と感じている方もいるかもしれません。たしかに、「間違った夏期講習の受け方」をしたせいで、意味がない時間を過ごしている子がいるのも事実です。

そこで本記事では、夏期講習を活用して成績を上げるコツを徹底解説します。

夏期講習に行くべきかをを迷っている中高生は必見です。

夏期講習は意味ない?【注意点3つ】

夏期講習は意味ない?【注意点3つ】

結論から言うと、夏期講習の活用法を間違えなければ、学力アップが期待できます。

ただ、間違った使い方をすると、お金と時間をムダにしてしまうかもしれません。貴重な夏休みを無意味な時間にしないためにも、以下のNG行為を避けましょう。

NG行為①:学校の夏期講習(補習)

学校によっては、夏休み期間中に「夏期講習」という名の補習を用意しています。

学校の夏期講習は参加しなくてOKです。不参加すべき理由は、学校の先生が「受験のプロではない」かつ「一人ひとりの課題/苦手に合った対策を取れない」から。

進学校や一部の教育熱心な学校では、有意義な夏期講習を用意してくれているかもしれません。ただ、ほとんどの学校の夏期講習は「自分で参考書を読めばわかる内容」ばかり。意味のないムダな時間になってしまうため、学校に頼るのはやめましょう。

高野智弘
推薦入試や内申点で有利になりたいなら、学校の夏期講習に通うのはアリです。特に中学生は高校受験に内申点が大きく関係するため、先生に好印象を持ってもらう努力も欠かせません。

NG行為②:集団授業をガッツリ受講する

夏期講習で集団授業をたくさん受講するのはダメです。集団授業をおすすめしない理由は、以下の3つ。

  • たくさん授業を受けることで、「勉強した気」になって満足してしまうから(実際は得点力が上がっていない)
  • 夏休み期間は、授業を「聞く」のではなく、問題を「解く」ことが大切だから(集団授業は学校のようにインプット中心)
  • わからない問題があっても、先生に個別に質問するのが現実的に難しいから(ガツガツ質問できない子は置いてけぼりに)

以上の理由から、集団指導塾はおすすめしません。

個別指導塾よりも集団指導塾のほうが授業料が安いし、勉強時間を確保できる、といったメリットもあります。ただ、トータルで考えた場合に、集団授業は「無意味な時間」が多すぎるのも現実です。

集団塾vs個別指導塾の結論として、9割以上の中学生&高校生には「個別指導塾の」ほうが効果が期待できます。

NG行為③:大手予備校・有名塾を信じすぎる

「知名度も実績もすごいし、この塾の夏期講習なら大丈夫だろう…」

これが大きな落とし穴です。

大手予備校・有名学習塾だからといって、あなたのお子さんにとってベストな環境とは限りません。むしろ、「それっぽい授業」をしてくれるだけで、夏休み後に偏差値が全然上がらなかったという話をよく聞きます。

河合塾・駿台・秀英・早稲田アカデミー・市進学院・栄光ゼミナール・武田塾…。すごい塾なのは紛れも無い事実ですが、夏期講習としておすすめできるかは別問題です。

高野智弘
ここだけの話、「合格実績」は裏工作されていることも…。某大手予備校では「模試を受けただけ」「1週間程度の特別授業を受けただけ」の子を合格者数としてカウントしています。東大の合格者数の場合、「ギリギリで落ちてしまった浪人生」を無料で入塾させて、翌年の合格者として輩出するテクニックを悪用している塾もあるそうです。合格実績を信用しちゃダメ絶対!

「すごい塾」「すごい先生」「すごいカリキュラム」の授業を受けることが目的にするのはNG。夏休み期間にやるべきことは「志望校から逆算して必要なこと」です。目的と手段をゴチャゴチャにしないように気をつけましょう。

キャンペーン実施中の学習塾一覧
夏期講習キャンペーン開催中
条件:7月31日までに申込み
教室数(直営)全国No.1
  • 入会金11,000円→無料
  • 集中しやすい自習スペースを完備
  • 指導実績120万人&難関校の受験対策OK
夏のWキャンペーン開催中
条件:7月31日までに入会
高校受験・大学受験 合格者数No.1
  • 90分×4回の授業料が無料!
  • 家計にやさしい料金設定
  • 教室数・生徒数No.1の個別指導塾
夏期講習キャンペーン開催中
条件:7月24日までにお問い合わせ
全額返金保証
  • 授業5回分が無料に!
    さらに入塾金20,000円→無料(全額免除)
  • 個別指導塾(直営)関東エリア生徒数No.1
  • 先生1人/生徒2人までの授業スタイル
夏期講習キャンペーン開催中
条件:無料体験授業に参加
月額5,400円〜
  • 授業5回分が無料に!
    さらに入塾金11,000円→無料(全額免除)
  • 「生徒数No.1」のオンライン個別指導塾
  • 業界トップクラスの指導実績10万人

高校受験・大学受験に、夏期講習が必要か?

高校受験・大学受験に、夏期講習が必要か?

高校入試や大学入試を受ける予定の子は、夏期講習が合否のカギを握っています。

受験対策における「夏期講習の必要性」を解説します。

  • 効果①:わからない問題をすぐ質問できるから、勉強効率が良い
  • 効果②:「一人きりじゃない」から、受験への不安・心配が減る
  • 効果③:「自習室」を使い放題だから、サボりやすい子でも勉強時間が増える

夏期講習の授業以外にも、「自習室」を使える強烈なメリットを忘れてはいけません。

40日間もの夏休みでは、「どれだけ勉強したか?」が問われます。「夏期講習の授業」だけでは勉強時間がぜんぜん足りません。かといって、自宅・図書館・カフェだと自分との戦いに負けてしまう受験生が多いのが現実…。

集中力キープが苦手な子・誘惑に負けがちな子にとって、「自習室」の存在は偉大です。勉強意欲が高いライバルばかりの空間に身を置くことで、「自分もやらなきゃ置いてかれる」と気合いが入るでしょう。塾や予備校の自習室こそ、「勉強せざるを得ない環境」の典型例です。

高野智弘
完全独学で志望校に合格するのは「ほぼ無理」です。少なくとも、今より偏差値を上げたい子にとって夏期講習は必須と言えます。

よほどの理由がない限り、夏期講習を受けたほうが入試で有利になります。

▼「独学の難しさ」を解説した記事

夏期講習の効果を最大化させるコツ

夏期講習の効果を最大化させるコツ

夏期講習で成績を大幅アップするコツは、「独学メイン」+「夏期講習は週1〜2コマだけ通う」ことです。

夏休みをムダにしがちな中学生/高校生の多くが、夏期講習に通いすぎです。毎日のように通塾して、授業を「聞く」などの受け身の状態になっています。

一方で、効率的に成績アップができる子は、自宅・図書館・自習室での自習をメインに勉強をしつつ、わからない問題&苦手な科目だけをピンポイントで個別指導塾の夏期講習でフォローしてもらっています。

勉強時間の割合
  • 自習:80%
  • 夏期講習:20%

なぜ自習をメインに勉強すべきかと言うと、夏休みは「インプット(授業を聞く/理解する)」のではなく、「アウトプット(問題を解きまくる)」ことが大切だからです。とくに入試直前の中学3年生/高校3年生は、問題集や過去問をガンガン解きながら偏差値アップを目指すべきです。

高野智弘
夏休み期間は「自習室」に毎日通いましょう。自宅や図書館などの誰にも見られていない環境だと、どうしてもサボってしまいます。自習室だと「友達やライバルが黙々と勉強している姿」を見れるので、「自分もやらなきゃ!」と気合いが入りますよね。

ただ、自習のやり方を間違えると意味がありません。中学生の正しい勉強法は「【高校受験】基礎固めのやり方+おすすめ問題集【5教科の勉強法】」、高校生の正しい勉強法は「大学受験の基礎固めのやり方|いつまでにどこまで終わらせるべき?」で解説しました。

塾の自習室をフル活用しつつ、「自習メイン」+「個別指導塾でワンポイントアドバイスをもらう」のがコスパ最強の夏休みの過ごし方です。

「自習室」が人気な学習塾6選
※断り方
講習をたくさん取るようにプッシュされた際の断り方は、「経済的な理由」にするのがベストです。「お金がない」と言えばすんなりと断れます。

夏期講習が絶対に必要な子とは?

夏期講習が絶対に必要な子とは?

ほとんどの中学生・高校生は、夏期講習に通うべきです。よほどの理由がないかぎり、「絶対に夏期講習を受けたほうがよい中高生」をご紹介します。

夏期講習が必要な中学生

  • 高校受験を控えた中学3年生全員
  • 難関高校の合格を目指す中学1年生/2年生
  • 中高一貫校に通う中学1年生/2年生
  • 勉強嫌いで、自宅だとサボってしまう子
  • 苦手な科目をほったらかしにしがちない子
  • 先生のフォローがあれば、なんとか勉強できそうな子

夏期講習が必要な高校生

  • 大学受験を控えた高校3年生全員
  • 難関大学の合格を目指す高校1年生/2年生
  • 部活やバイトで学校の授業に遅れがちな高校1年生/2年生
  • 勉強嫌いで、自宅だとサボってしまう子
  • 苦手な科目をほったらかしにしがちない子

夏期講習をうまく活用して、高校受験・大学受験の対策を始めよう

夏期講習をうまく活用して、高校受験・大学受験の対策を始めよう

「自習をメインにして、個別指導塾の夏期講習に週1〜2コマだけ通う」ことが、夏期講習の賢い活用方法です。この方法なら、夏期講習が無意味になる心配ゼロ。

結論として、受験予定の中学3年生・高校3年生は夏期講習に通うべきです。中学1・2年生や高校1・2年生も夏休みのうちにライバルに差をつけるチャンス!

入試当日に後悔しないためにも、この夏休みを有意義に駆け抜けましょう。