» 授業料が安い!個別指導塾おすすめ10選

発達障害のオンライン家庭教師&塾おすすめランキングTOP3

オンライン家庭教師 不登校
  • 発達障害の子に口コミが良い家庭教師は?
  • 発達障害の子はオンライン塾のほうがいい?
  • ADHD/ASD/LD特有の勉強法とは?

こういった悩みを解決します。

そこで本記事では、発達障害の子にピッタリな家庭教師ランキングをご紹介します。

「集中力が続きにくい」「机にじっとしていられない」とお悩みの保護者さんは必見です。

家庭教師が「発達障害の悩み」を解決してくれる3つの魅力

家庭教師が「発達障害の悩み」を解決してくれる3つの魅力

発達障害のお子さん(グレーゾーン含む)の学習に「家庭教師が効果的である」と言われています。

家庭教師をうまく活用するメリットは3つあります。

  • 魅力①:家でリラックスしながら勉強できる(精神的な負担が少ない)
  • 魅力②:塾や学校と違って、友達の視線を気にする必要がない(集中しやすい)
  • 魅力③:発達障害に理解&指導経験がある先生がサポートしてくれる(塾にはいない)

勉強が苦手かつ集中できない子には家庭教師がピッタリと言えるでしょう。

ただ、すべての家庭教師をおすすめできるわけではありません。「発達障害の子への理解がない先生」だと、「なんでこんな問題がわからないの?」「もっと集中しなさい!」と高圧的な授業になりがちです。一般的な学習塾でも、周りの子の目が気になって、塾に通うのすら精神的につらいでしょう。

一方で、発達障害へのフォローが手厚い家庭教師なら、発達障害の親子にしかわからない「悩み」にそっと寄り添ってくれます。

発達障害の子が家庭教師を利用するデメリット

発達障害の子が家庭教師を利用するデメリット

発達障害やグレーゾーンのお子さんが家庭教師に入会するデメリットは、「授業料がそこそこ高い」ことが挙げられます。

集団塾や個別指導塾と比べて、自宅に来る時間などの「先生の拘束時間」が多いため、人件費(先生の給料)が高くなってしまいます。

家庭教師の料金相場は「月2万円ほど」です。自宅にいながらパソコンやタブレットでオンライン授業を受ける「オンライン家庭教師」なら、授業料をもう少しだけだけ節約できます。

コスパが良い家庭教師は、次の章で解説しました。

これだけは注意!

「安すぎる家庭教師」は、絶対にやめましょう。授業料(月謝)が格安ということは、先生の給料(時給)も安くなります。「優秀な先生」は時給が高い家庭教師会社に集結しますよね。だから、安さだけで家庭教師を選ぶのは危険です。

発達障害のオンライン家庭教師&塾おすすめランキングTOP3

発達障害のオンライン家庭教師&塾おすすめランキングTOP3

発達障害やグレーゾーンなお子さんにおすすめできる家庭教師・オンライン塾をご紹介します。

以下3社の体験授業を受けてみて、お子さんが「ココなら頑張れそう!」とおっしゃる1社に入会しましょう。

「家庭教師ファースト」:発達支援に特化した先生

1時間あたり約2,310円〜
「相性ピッタリな先生」と確実に出会うなら
  • 体験授業は「実際の教師」が担当
  • 入会金0円、授業料は月額1万円〜と格安
  • 発達障害や不登校の子向けのサポートが充実

※2024年2月時点/弊社調べ

家庭教師ファーストの発達障害サポートコース

ファーストの口コミ・評判は、以下をご覧ください。

「家庭教師のあすなろ」:発達障害のスペシャリストが監修

1時間あたり約2,000円〜
「相性ピッタリな先生」と確実に出会うなら
  • 1コマ1,000円〜と破格の料金設定
  • 「関東エリア」でコスパ最強クラスと評判
  • 勉強が苦手・発達障害・不登校の子に人気

※2024年2月時点/弊社調べ

発達障害の子向けコース

あすなろの口コミ・評判は、以下をご覧ください。

「家庭教師の銀河」:子どもの「自立」を徹底サポート

1時間あたり約2,700円〜
3日坊主で挫折したくないなら
  • 授業日以外もLINEで質問し放題
  • 勉強嫌い/苦手な子も継続できる独自カリキュラム
  • 1コマ1,250円とオンライン家庭教師屈指のコスパを実現

※2024年2月時点/弊社調べ

銀河の口コミ・評判は、以下をご覧ください。

家庭教師 銀河 評判

発達障害の子に起こりやすい勉強面でのお困りごと

発達障害の子に起こりやすい勉強面でのお困りごと

発達障害の小学生・中学生・高校生は、学習面で以下を悩んでいるのではないでしょうか?

自閉症スペクトラム障がい【ASD】

  • 勉強法に強いこだわりがある
  • 相手の視点に立つことが苦手
  • あいまいな教え方だと理解できない
  • 限られた教科/科目にのみ興味を持つ
  • 「学習面」より「人間関係(友達との付き合い)」が苦手

注意欠陥・多動性障がい【ADHD】

  • 忘れ物が多い
  • 授業に集中できない
  • 机にじっとしていられない
  • 勉強の進み具合が遅れがち

学習障がい【SLD/LD】

  • 計算が苦手
  • 突出した能力を持っていることがある
  • 板書/黒板をノートに書き写すのが遅い
  • 教科/科目によって、得意不得意が激しい
  • 文章を読むのがたどたどしく、文章を理解するのが苦手