» 夏期講習キャンペーン一覧(無料あり)

【失敗確定】塾なしで高校受験する割合は?トップ校に受かる?

  • 塾なしで高校受験の割合は?
  • 塾に行かずに高校受験は失敗する?
  • 塾なしでもトップ校に合格できるの?

こういった疑問に答えます。

中学生になると部活や習い事で忙しくなり、自宅での勉強をついついサボってしまいます。保護者としては、高校入試向けて少しずつ勉強してほしいですよね。

現実問題として、自学自習がむずかしいから「学習塾」も選択肢に入るものの、経済的な理由で塾なしでの高校受験を検討しているご家庭もあるでしょう。ただ、塾なしが原因で志望校に合格できずに、お子さんが「治安の悪い高校」「偏差値が低すぎる高校」に進学せざるを得なくなったら一生後悔してしまいます。

そこで本記事では、塾なしで高校受験を受ける中学生の「割合」と「失敗パターン」を解説します。

高校受験に失敗したくない方、塾に通うか迷っている方は必見です。

塾なしで高校受験の割合は?

塾なしで高校受験の割合は?

塾に行かずに高校受験を受ける中学生の割合は「約16%」です。

文部科学省の調査によると、通塾していない中学3年生の割合が、「公立中学生:16.0%」「私立中学生:43.3%」とのこと。母数には「そもそも高校受験しない子(中卒や中高一貫校生など)」も含まれるため、高校受験を塾なしで受ける割合は10人に1人程度だと推察できます。

高校受験 塾なし 割合
塾に通っていない中学生の割合
公立中学生私立中学生
中学1年生42.2%48.4%
中学2年生30.8%46.6%
中学3年生16.0%43.3%

上記のデータは、1年間で「学習塾費」を支出していない(塾なし)家庭の割合です。

高野智弘
「塾なし」で高校受験する子は超レアケースです。受験のライバルに負けないためにも、週1コマでいいので通塾を検討しましょう。

中学1年生のうちは自習でカバーできていたものの、高校受験が近づくにつき「塾の必要性」に気づき、通塾し始める子がグンと増えていることがわかります。

塾に行かずに高校受験すると「失敗」しやすい子の特徴

塾に行かずに高校受験すると「失敗」しやすい子の特徴

塾なしで第一志望校に合格するのは、かなり難しいです。もしあなたのお子さんが、次のうち1つでも当てはまれば、今すぐ塾に通うべきでしょう。

塾なしだと受験に失敗しやすい子
  • 部活や習い事で忙しい
  • 内申点があまり高くない
  • 家で勉強する習慣がない
  • スマホやゲームが大好き
  • モチベーションの波が激しい
  • 親が高校受験に精通していない
  • 志望校の合格レベルの学力に達していない

上記すべてに該当しない中学生なら、わざわざ高いお金を払ってまで通塾する必要はありません。

一方で、「こんなのハードルが高すぎる…」と感じる方にとっては、塾は必須級です。それほどまでに、ふつうの中学生が「塾なし」で第一志望校に合格するのはハードモードなのです。

塾なしでトップ校(偏差値60〜70)に合格する5つの条件

塾なしでトップ校(偏差値60〜70)に合格する5つの条件

塾に行かずに高校受験で「第一志望校」を合格した方はたくさんいます。ただ、偏差値50程度なら独学でもなんとかなるものの、偏差値60〜70の難関校・トップ校を目指すなら、塾なしだとハードルが高くなります。

5つの条件すべてにクリアしている中学生なら、塾は必要ないでしょう。

  • 条件①:志望校の合格から逆算した学習計画が立てられる
  • 条件②:誘惑に負けずに、学習計画をコツコツ実行できる
  • 条件③:親が高校入試に精通しており、徹底サポートができる
  • 条件④:「志望校」と「現在の学力」に乖離がない
  • 条件⑤:受験勉強だけではなく、内申点対策も一人でできる

もしどれか1つにでも該当しないなら、週1コマだけでも学習塾を活用すべきと言えます。

中学生が塾に行ってる割合は?【通塾率62.1%】

中学生が塾に行ってる割合は?【通塾率62.1%】

中学生の通塾事情をご紹介します。

中学生の通塾率:62.1%

文部科学省のデータによると、中学生の通塾率は約62.1%とのこと。

私立/公立・学年ごとの通塾率は、以下の通りです。

中学生が塾に行ってる割合(通塾率)
中学生が塾に行ってる割合
公立中学生私立中学生
中学1年生57.8%51.6%
中学2年生69.2%53.4%
中学3年生84.0%56.7%
平均70.3%53.9%

上記の通塾率は、年間で「学習塾費」を支出した家庭の割合です。

母数には「高校受験をしない子」「中高一貫校の子で受験が必要ない子」も含みます。したがって、高校受験予定の中学生ほほぼ全員が塾に通っていると言えるでしょう。

中学生の通塾率「62.1%」の算出方法=(「公立の中学3年生の通塾率」+「私立の中学3年生の通塾率」)/2
※公立と私立の生徒数(母数)が異なるため、正確な数字ではありません。

公立と私立で通塾率が異なるワケ

上記から分かる通り、「私立の中学生」より「公立の中学生」のほうが塾の利用率が高いです。私立の中学生のご家庭のほうが経済力がありそうなのに、意外ですよね。

「公立の中学生」のほうが塾に行ってる割合が高い理由は2つあります。

  • 理由①:私立中の多くが中高一貫校なので、そもそも高校入試を受けなくてもよい
  • 理由②:公立と比べて私立のほうが、受験対策などのサポートが充実している

「学力試験(筆記テスト)対策」「内申点の対策」を目的に塾に通う子が多いことがわかります。

塾にかかる費用

通塾率と同じ調査で「学習塾の平均支出」が公開されていたので、併せてご紹介します。

中学生は年間35万円ほどを塾代として使っていることが分かります。1ヶ月あたり3万円程度です。

中学生の年間トータル費用
公立中学生私立中学生
中学1年生27万円25万円
中学2年生29万円34万円
中学3年生46万円39万円
平均36万円33万円

「通信教育」「家庭教師」の利用率

中学生は学習塾だけではなく、通信教育・家庭教師も利用しています。

3人に1人が通信教育や家庭教師を利用しているようです。

通信教育/家庭教師を利用する中学生の割合
公立中学生私立中学生
中学1年生39.2%39.4%
中学2年生34.9%36.6%
中学3年生29.7%26.3%
平均34.6%34.2%

「部活が忙しくて塾に行く時間がない子」「自宅の近くに評判の良い塾がない子」は、家庭教師も視野に入れましょう。もしくは、コスパ最強と人気急上昇中のオンライン塾もおすすめです。

週1コマでいいので「個別指導塾」に行こう

週1コマでいいので「個別指導塾」に行こう

高校受験予定の中学生の90%以上が塾に通っているため、よほどの理由がない限りは通塾すべきと解説してきました。

ライバルがみんな塾に通っているのに、あなたのお子さんだけが「独学」だと受験で不利になるのは間違いありません。もちろん、「自習が得意」「模試でA判定」なら塾なしでも合格できるでしょう。一方で、「サボりグセがある」「自宅では最低限の勉強しかしない」「部活や習い事で忙しい」なら、通塾して「勉強せざるを得ない環境」を整えてあげる必要があります。

なぜなら、集団授業だと勉強した気になるだけで、「理解できていない」ことが多いから。

比較的安い上に、友達と一緒に授業を受けられる集団塾の場合、「勉強時間」が増えても「理解度」はあまり高くありません。どんなに優秀な先生だとしても、生徒一人一人に気を配るのは限界があり、あなたのお子さんが理解できていなくても次に進んでしまいます。授業中にガンガン質問できる積極的な子なら問題ありませんが、どちらかと言うと「人見知りな子」「そこまで勉強意欲が高くない子」にとっては、集団授業はコスパが悪いでしょう。

一方で、個別指導塾なら少しずつだけど着実に成績アップが期待できます。子どもが理解できていない問題があれば、すぐさま先生がフォローしてくれます。中学生にも人気な森塾では、「クリアテスト」&「特訓部屋」で生徒が理解できるまで徹底フォローする体制が整っています。

個別指導塾おすすめ5選
  • そら塾
    偏差値50を目指す、生徒数No.1オンライン塾
  • 明光義塾
    偏差値50〜60を目指す、合格実績No.1
  • 森塾
    偏差値55〜65を目指す、関東で生徒数No.1
  • 個別教室のトライ
    偏差値60〜70を目指す、1対1、全国No.1
  • メガスタ
    偏差値65以上を目指す、全額返金保証あり