» 安い!オンライン家庭教師おすすめTOP5

【完全版】家庭教師のメリット・デメリット5選【週一でも効果あり?】

  • 家庭教師のメリット・デメリットは?
  • 家庭教師って週一でも効果あるの?
  • 家庭教師を利用すべき子の特徴は?

こういった疑問に答えます。

「勉強する習慣を身につけてほしい」「定期テスト対策を本気でしなきゃヤバい」「受験シーズン前にちゃんと対策したい」と思って、家庭教師をはじめる方が増えています。昔ながらの家庭教師は、今だに効果を実感している子がたくさんいるのも事実です。

しかしながら、家庭教師を利用した経験がない方にとって、「具体的にどんな効果があるのか」「どんなデメリットがあるのか」が気になるところ。決して安くない授業料を払うからには、一定の効果を期待しちゃうのが本音でしょう。

そこで本記事では、家庭教師のメリット・デメリットを徹底解説します!

家庭教師選びで失敗したくない方、契約後に絶対後悔したくない方は、ぜひ参考にしてくださいね。

家庭教師のメリット5選【驚くべき効果】

家庭教師のメリット5選【驚くべき効果】

家庭教師を利用するメリット/効果をご紹介します。なお、小学生/中学生/高校生/各受験生のすべてが対象です。

  • 「自宅学習」の習慣がつきやすい
  • 「部活/バイト/習い事」と「勉強」を両立できる
  • 塾と違って「騒音」の心配がないので、勉強に集中できる
  • 1対1なので、サボりグセがある子でも勉強せざるを得ない
  • 「勉強の進み具合」「受験対策」などの相談を、いつでもサクッとできる

それぞれ具体的に解説します。

メリット①:「自宅学習」の習慣がつきやすい

家庭教師を利用するメリット/効果の1つ目は、家でも勉強する習慣がつきやすい点です。

家庭教師を始めると「家庭教師の授業」「予習/復習/宿題」を自宅の机でやるようになります。必然的に自宅で勉強する時間が長くなり、「自宅学習」が当たり前になりやすいのです。

今までは家だとテレビやゲームの誘惑に負けていた子でも、少しずつ机に向かう時間が増えるでしょう。

メリット②:「部活/バイト/習い事」と「勉強」を両立できる

家庭教師を利用するメリット/効果の2つ目は、忙しい子でも勉強時間を確保できる点です。

小学生なら習い事、中学生なら部活、高校生なら部活/バイトなどでバタバタして、自宅で勉強していることは少ないでしょう。自宅に帰ってきたらゲームやスマホでだらだら過ごして、勉強は一切しない子もいるかもしれません。

しかしながら、自宅学習をしないと受験シーズンに後悔しちゃう危険性もありますよね。

だからこそ、家庭教師を利用して「毎週水曜日の20:00〜21:30は勉強時間!」と決めることが大切なのです。シンプルに考えて、家庭教師のコマ数を増やせば増やすほど、勉強時間を増やすことができますよね。

メリット③:塾と違って「騒音」の心配がないので、勉強に集中できる

家庭教師を利用するメリット/効果の3つ目は、騒音に気が散る心配がない点です。

学習塾だとどうしても、「他の人が会話している声」「バタバタ歩き回る足音」などが気になって、勉強に集中できません。集団授業だと廊下で遊んでいる子の子がうるさいこともありますし、個別指導だと隣のブースで授業を受けている子の声がうるさいこともあるでしょう。

一方で、家庭教師なら授業の時間帯さえテレビを消しておけば一切騒音はありませんよね。

親の役割は、「勉強しやすい環境を提供してあげること」だと考えます。家庭教師を活用して、子どもが前向きに勉強したくなる環境を整えてあげましょう。

メリット④:1対1なので、サボりグセがある子でも勉強せざるを得ない

家庭教師を利用するメリット/効果の4つ目は、マンツーマン授業なので、サボれない点です。

勉強に長時間集中できないサボりグセがある子にとって、つねに先生が横で見ている環境は最高ではないでしょうか?

スマホやゲーム、テレビなどに逃げる心配もないので、勉強効率が格段にアップするでしょう。

メリット⑤:「勉強の進み具合」「受験対策」などの相談を、いつでもサクッとできる

家庭教師を利用するメリット/効果の5つ目は、親が気になったことを気軽に先生に相談できる点です。

先生の多くが「現役の難関大学生(バイト)」もしくは「プロ講師」です。受験戦争に勝ち残った猛者とも言えます。

したがって、「どうやったら受験で勝てるのかを知っている」ため、子どもの将来について授業後にでもサクッと質問できる環境はうれしいですよね。

家庭教師のデメリット3選【注意点あり】

家庭教師のデメリット3選【注意点あり】

家庭教師を利用するデメリット/注意点をご紹介します。なお、小学生/中学生/高校生/各受験生のすべてが対象です。

  • 集団塾よりも授業料が高い
  • 先生の当たりハズレによって、効果がおどろくほど異なる
  • 家庭教師センター選びに失敗すると、お金と時間がムダになる

それぞれ具体的に解説します。

デメリット①:集団塾よりも授業料が高い

家庭教師を利用するデメリット/注意点の1つ目は、授業料がそこそこ高い点です。

集団塾/個別指導塾よりは少しだけ割高な印象です。

実際、大手の家庭教師センターである「家庭教師のノーバスの料金」は、月のトータル費用が25,000円〜となっています。一方で、格安な塾なら20,000円程度でしょう。(塾によって授業料はかなり異なります)

しかしながら、「1対1」「自宅に来てもらう」ので授業料が高くなっちゃうのは仕方ないですよね。

デメリット②:先生の当たりハズレによって、効果がおどろくほど異なる

家庭教師を利用するデメリット/注意点の2つ目は、先生の当たりハズレが激しすぎる点です。

先生の多くが「大学生のアルバイト講師」です。一部には「プロ講師(家庭教師が本職の社会人)」がいますが、9割が大学生/大学院生でしょう。

したがって、「バイト感覚でテキトー」に授業をする先生がいるのも事実です。もしあなたのお子さんがテキトーな先生になっちゃったら、もはや悲惨…。

ただ、安心してください。

家庭教師の選び方+おすすめ5社【中学/高校/大学受験OK】で紹介した家庭教師なら、「先生の当たり率が高い」です。しかも、先生の交代が無料なので、「ビミョーな先生」相性が合わない先生」だった場合は、次の授業からチェンジすればいいだけで問題解決します。

デメリット③:家庭教師センター選びに失敗すると、お金と時間がムダになる

家庭教師を利用するデメリット/注意点の3つ目は、悪質業者につかまると高額請求されるリスクがある点です。

残念ながら、一部の家庭教師センターは「高額請求(教材費など)」などでトラブル/裁判沙汰になっています。

もちろん99%の家庭教師センターは「ちゃんとしている」けど、ハズレくじを引いたら悲惨です…。

しかしながら、おすすめな家庭教師5選の中から選べばトラブルになる心配は一切ありません。

家庭教師は「週一」でも効果あるの?

家庭教師は「週一」でも効果あるの?

家庭教師を前向きに検討しているものの、「まずは週1日ではじめよう!」と考えていることが多いでしょう。週1日なら月3万円もかからないから始めやすいですよね。

しかしながら、週一の授業で効果が出るのかが気になるところ。

結論から言うと、たった週1回の授業でも成績/点数アップの効果が期待できます。

週一の授業でOKな理由は、「①ガッツリした量の宿題」」および「②目標から逆算した学習計画」を活用できるからです。

週一でも効果が出る理由①:「ガッツリした量の宿題」」

家庭教師を週一だけだと、月4〜10時間程度しか勉強しないことになります。月10時間弱の勉強だけだと、効果は得られないでしょう。

しかしながら、ほぼ全ての先生が「ガッツリした量の宿題」を出してくれます。授業の予習/復習を中心にかなりのボリュームを宿題に出されるので、必然的に勉強時間が増えますよね。

したがって、週一の授業だけでも「+αの宿題」があるため、結果的にかなりの勉強時間確保=効果を期待できるでしょう。

週一でも効果が出る理由②:「目標から逆算した学習計画」

希望があれば、先生に「学習計画」を立ててもらうこともできます。家庭教師の授業がない日に、「どんな勉強をやればいいのか?」を教えてくれるんです。「今月は、この参考書の1章〜2章を完璧にしよう!」など具体的なアドバイスをもらえます。

家庭教師の銀河のように、授業日以外もLINEで質問し放題な手厚いサポートを実施している家庭教師もあります。また、家庭教師のノーバスのように、カリキュラムをしっかり作ってくれる家庭教師もあります。

したがって、授業日以外でも勉強しやすいように工夫してくれるので、結果的にコスパが良い勉強を実現=効果を期待できるでしょう。

高野智弘
家庭教師をはじめるなら週1日で十分です。授業内ですべてを完結させるのではなく、授業以外での「勉強効率UP/勉強時間UP」を目指しましょう。

まずは無料体験授業から試してみよう!

まずは無料体験授業から試してみよう!

家庭教師にはデメリットがあるものの、トータルで考えると「利用する価値がある」と解説してきました。

もちろん、すべての方におすすめできるわけではありません。どんなに優秀な家庭教師を選んだとしても、向き不向きがありますよね。

だからこそ、まずは無料体験授業をお試しするべきなんです。タダで授業を受けて、ピンときたら入会すればOK!(ビミョーなら契約しなければいいだけです)

あなたにおすすめな家庭教師は、家庭教師の選び方+おすすめ5社で解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。