» オンライン家庭教師おすすめTOP3

とにかく安い!小学生におすすめの通信教育ランキング3選【コスパ最強】

監修者

法政大学時代に3年ほど家庭教師を経験し、偏差値49の生徒を現役で早稲田大学に合格させる。東証一部上場企業などを経て、Web事業で独立。家庭教師およびWeb事業で培った知識をもとに、教育メディア「こども教材+」を立ち上げる。
  • 1番安い小学生向けの通信教育は?
  • 安いだけではなく、評判もよい通信教育は?
  • 子どもが継続できて、効果も出る通信教育の選び方はあるの?

こういった疑問に答えます。

小学生のお子さんを持つ保護者にとって、「数万円を払ったのに、効果がなかった…」という失敗は絶対イヤですよね。ただ、高額なのに効果がない通信教育があるのも事実……。

そんな節約上手したいママさん向けに、安いだけではなく、教材の質もよい3つの通信教育をご紹介します。

実際の利用者の口コミをもとに、他のサイトでは語られないデメリットも徹底解説!

この記事を読むことで、あなたのお子さんにピッタリの通信教育が見つかります。

小学生:通信教育の選び方

【料金比較】小学生向けの安い通信教育10社

【料金比較】小学生向けの安い通信教育10社

小学生向けの大手通信教育10社の料金を比較しました。

初期費用月額費用
スマイルゼミ9,980円2,980円
スタディサプリ0円1,650円
デキタス0円3,000円
小学ポピー0円3,800円
まなびwith0円5,050円
進研ゼミ0円
※キャンペーン価格
5,209円
Z会の通信教育0円
※iPadが必須
7,400円
公文の通信教育0円20,500円
すらら7,000円8,000円
学研の通信教育5,000円21,000円

※初期費用=入会金+タブレット代金など
※小学6年・5教科・12ヶ月払いの費用

1番安い通信教育は、月額1,680円の「スタディサプリ」です。

逆に、高額な通信教育は「公文」と「学研」です。

この10社以外にも安い通信教育はありますが、無名な通信教育はリスクがあります。

親としては1円でも安い通信教育は嬉しいものの、お子さんが3日坊主になったら意味がないですよね。

そこで、とくにオススメの通信教育をご紹介します。

とにかく安い!小学生におすすめの通信教育ランキング3選

とにかく安い!小学生におすすめの通信教育ランキング3選

大手10社の中から、とくにオススメできる厳選3社をご紹介します。

この3社は間違いなくコスパが良いです。

1位 スタディサプリ【最安値】

スタディサプリ

小学生向けの大手通信教育で1番安いのがスタディサプリです。

スタディサプリとは、「神授業」と言われるほどに質が高い映像授業をメインとする通信教育です。

安さ重視なら、間違いなくスタディサプリがおすすめです。

月額料金1,680円
入会金0円
教科国語・算数・理科・社会
学年小学4〜6年生
難易度基礎+発展
返金保証14日間の無料体験あり
スタディサプリのデメリット
  • 1〜3年生と英語には対応していない
  • 超難関中学の受験対策には向いていない
  • 添削がなく、映像授業のため、子どもの自主性が必要
スタディサプリのメリット
  • とにかく安い!(業界最安値)
  • 授業のクオリティが、圧倒的に良質
  • 映像授業だからスキマ時間に勉強できる

驚くべきことに、合計10,000本の講義動画を追加料金なしで見放題なんです!

ここまでお得感がある通信教育は、他にはありません。

しかも、14日間の無料体験があるから、リスクゼロでお試しすることができます。

2位 スマイルゼミ【全額返金保証】

スマイルゼミ

小学生向けの大手通信教育で唯一、全額返金保証があるのがスマイルゼミです。

スマイルゼミとは、勉強が苦手な子にピッタリのタブレット型の通信教育です。

コツコツ勉強する習慣がない子でも、3日坊主になりません。

月額料金2,980円
入会金0円
教科国語・算数・理科・社会・英語
学年全学年
難易度基礎
返金保証14日間の無料体験あり
スマイルゼミのデメリット
  • 難関中学の受験勉強に対応していない
  • 基礎問題が中心のため、応用問題が少ない
  • 寝っ転がってダラダラと勉強できてしまう
スマイルゼミのメリット
  • 全額返金保証があるから、リスクゼロ
  • 親の負担がゼロだから、家事や仕事に影響が出ない
  • ゲーム感覚で学べるから、途中で挫折する心配がない

なんと言っても、全額返金保証があるのは、強烈な魅力です。

万が一、スマイルゼミがお子さんに合わなかったら、すぐに解約&返金してもらえばいいだけですよね。シンプルに、スゴすぎる…!

安いだけじゃなくて、教科書の範囲を全てカバーできるほどの優良教材です。

全額返金保証資料請求はこちら(無料)

期間限定:プレゼントがもらえる!

3位 デキタス【コスパNo.1】

デキタス

小学生向けの大手通信教育で1番教材のボリュームがあるのがデキタスです。

デキタスとは、大手予備校「城南予備校」が運営するタブレット型の通信教育です。

「経済産業省」にも認められた教材です。

月額料金3,000円
入会金0円
教科国語・算数・理科・社会・英語
学年全学年
難易度基礎
返金保証無料体験あり
デキタスのデメリット
  • 記述式の問題に対応していない
  • PCまたはタブレットを自分で用意しなきゃいけない
  • 添削や個別フォローがないため、子どもの自主性が必要
デキタスのメリット
  • 他の学年の予習&復習ができる
  • 動画の解説が分かりやすいため、スムーズに理解できる
  • アニメーションを見ることが勉強に繋がるため、勉強嫌いな子でも継続できる

デキタスは、小学1〜6年のすべての範囲をたった3000円で学ぶことができます。

他の通信教育だと、1年分しか学べませんが、デキタスなら6年分を完璧にカバーしています。

したがって、小学生の教科書の内容を一気に学べるので、コスパNo.1と言えます。

安いだけの通信教育は、絶対NG!

安いだけの通信教育は、絶対NG!

とにかく安い通信教育がいい!

こういった選び方は、危険かもしれません。

理想の教材は、「子どもが継続しやすくて、成績アップに繋がる」ものではないでしょうか?

つまり、安いだけで教材の質が悪い通信教育は絶対に選んではいけません。

通信教育には、それぞれメリット・デメリットがあるため、しっかりと特徴を把握した上で選びましょう。
(次の章で解説します)

タイプ別おすすめ通信教育7選【小学生向け】

タイプ別おすすめ通信教育7選【小学生向け】

親として知りたいのは、「安いだけではなく、子どもが継続しやすくて、成績アップに繋がるのはどれか?」ですよね。

ここでは、お子さんの学力・性格別におすすめの格安通信教育をご紹介します。

小学生:通信教育の選び方

迷っている方は、この中から選べば失敗するリスクがありません。

失敗しない!通信教育の選び方3ステップ

失敗しない!通信教育の選び方3ステップ

「安い通信教育は分かったけど、最後の決め手がない…」と、まだ迷われているママさんもいるのではないでしょうか?

お子さんにピッタリの通信教育を選ぶためには、次のステップがおすすめです。

ステップ①:候補を3つに絞る

とにかく安い!通信教育ランキングTOP3およびタイプ別の通信教育7選の中から、お子さんに向いてそうな3社を選びましょう。

ステップ②:その3つを無料で試す

ここで紹介したすべての通信教育に、「資料請求(お試し教材付き)」または「お試し体験(無料)」ができます。

「無料」をフル活用しよう。

実際にお子さんが使うことで、「ここなら継続できそう!」という通信教育が見つかります。

ステップ③:入会する

3社の中からお子さんの反応がよかった通信教育を選びましょう。

ただし、すべてが完璧な教材はないので、メリット・デメリットを比較して比べることが大切です。

小学生:通信教育の選び方